メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわの隅で小休止

ケーブル給電マルチコプター 補助機能で簡単操作 /大阪

ケーブル給電のマルチコプターを飛行させる今津篤志講師(奥左)ら=大阪市住吉区杉本3の大阪市立大で、関野正撮影

 特別な技量がなくても簡単に操縦できるケーブル給電マルチコプター(ドローン)の操縦アシスト機能を、大阪市立大工学部講師の今津篤志さん(45)らのグループが研究・開発している。

 マルチコプターとは三つ以上のローター(回転翼)を持った航空機のこと。そのうち、地上から有線で電源を供給しながら飛行させるのが「ケーブル給電」。バッテリー容量を心配することなく、長時間飛行できるのが利点だ。

 ところがケーブルそのものの重さなどによってマルチコプターが引っ張られるため、その影響を考慮しながら…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです