メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

吉田絃二郎 大正・昭和初期の文筆家 「小鳥の来る日」ベストセラー /徳島

 吉田絃二郎(よしだげんじろう)(1886~1956年)小説家、劇作家、随筆家、佐賀県出身。幼少時に長崎県佐世保市に移った。本名源次郎。

 大正・昭和初期に活躍した。早大卒。1914(大正3)年、島村抱月の推薦で小説「磯ごよみ」で文壇にデビューすると、「早稲田文学」「ホトトギス」に次々と作品を発表。17年の、早大在学中に徴兵で赴任した長崎・対馬…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  5. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです