メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米上院

法人税、減税法案可決 下院との一本化焦点

 【ラレド(米南部テキサス州)清水憲司】米議会上院は2日、法人税率を20%へと引き下げることを柱とする税制改革法案を可決した。トランプ政権と与党共和党が最重要課題に掲げる大型減税の実現に向けて前進した。ただ、上下院で可決した法案の内容が異なるため、一本化作業が必要で年内成立にはハードルが残っている。

 法案は賛成51票、反対49票の小差で可決した。財政赤字が10年間で1兆ドル(約112兆円)規模で膨らむ見通しのため、共和党内に慎重論もあった。だが、オバマケア(医療保険制度改革)見直しに再三失敗するなど目立…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題会見 一問一答
  5. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです