メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アメフット 日大内田前監督ら会見で改めて指示を否定
コロンビアは今

和平合意から1年/3 地雷除去、地道な歩み

 ヘルメットと防具を着けしゃがみ込んだ作業員がくわを使い、慎重に土をかく。コロンビア南部メセタスの密林にある地雷原で、英国の非政府組織(NGO)「ヘイロー・トラスト」のメンバー約20人が地雷除去に取り組んでいた。

 一帯はかつて、左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」(FARC)の支配地域だった。金属探知機で反応があった場所の周辺を深さ約30センチまで掘り、地雷の有無を確認する。木が生い茂っているため、大型の地雷除去機が使えず、手作業しかない。

 「FARCメンバーが生活していたので、空き缶なども埋まっている。でも、探知機が反応するたびに地雷で…

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1322文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
  4. 台湾 「ダイソー」の輸入資格廃止 貿易法違反、罰金も
  5. 狛江市長 頭下げぬ謝罪会見「セクハラ認識ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]