メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

LINE 震災機に、人つなぐ「ホットライン」

ラインのロゴマーク

 月1度以上使う利用者数が日本で約7100万人に上る国内最大の無料通信アプリ「LINE(ライン)」。開発のきっかけは、2011年の東日本大震災だった。アプリ名には「世界中の人と人をつなぐホットラインのような存在になるように」との願いが込められている。

 08年、日本で初めて米アップルのスマートフォン「アイフォーン」が発売されスマホに注目が集まった。LINE株式会社は当時、別の社名でオンラインゲーム事業などを展開していたが、10年秋からスマホに特化したサービスの検…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文582文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  3. 選挙 都民フ候補、全員が落選 練馬区議補選
  4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]