メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『イギリス現代史』=長谷川貴彦・著

 (岩波新書・842円)

労働者階級の台頭を軸に

 「現代史」を書くのは難しい。定説が確立しておらず、山とある資料や文献と格闘しなければならない。しかもその時代に生きた人からの異議が生まれかねない。篤学の著者は、これに挑む。

 冒頭、「歴史とは……現在と過去との間の絶えざる対話である」というE・H・カーの有名な一句に続いて、後にカーは、「未来との対話」とも記している、と。ここに著者の意図がかくされているのであろうが。

 本書を貫く一本の軸は、労働者階級の台頭であろう。それは第二次大戦中からはじまったという。

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. ORICON NEWS 大阪城で“ナイトウォーク”『サクヤルミナ』12月オープン 渡辺直美「ワクワクしちゃう」
  3. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  4. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  5. 埼玉・高齢夫婦殺傷 中3の孫逮捕 殺人未遂容疑で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです