メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『イギリス現代史』=長谷川貴彦・著

 (岩波新書・842円)

労働者階級の台頭を軸に

 「現代史」を書くのは難しい。定説が確立しておらず、山とある資料や文献と格闘しなければならない。しかもその時代に生きた人からの異議が生まれかねない。篤学の著者は、これに挑む。

 冒頭、「歴史とは……現在と過去との間の絶えざる対話である」というE・H・カーの有名な一句に続いて、後にカーは、「未来との対話」とも記している、と。ここに著者の意図がかくされているのであろうが。

 本書を貫く一本の軸は、労働者階級の台頭であろう。それは第二次大戦中からはじまったという。

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1361文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ひき逃げ容疑 31歳男逮捕 男性をはね死亡させる 福岡
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. 東京 狛江セクハラ疑惑で組合「加害者は市長、複数相談」
  4. 自民・船田氏 「首相3選、赤信号に」
  5. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]