メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『消費者庁・消費者委員会創設に込めた想い』=原早苗、木村茂樹・編著

 (商事法務・2700円)

 消費者庁構想を提唱した福田康夫内閣が2007年に発足して10年。具体化と実現に関わったジャーナリスト、官僚、学者、経営者、弁護士らが、創設の原点を振り返った。

 消費者庁設置の機運は、中国産冷凍餃子(ギョーザ)による食品被害などが、省庁の縦割り行政によって拡大、長期化したとの反省をきっかけに高まった。「消費者庁 毒入り餃子が尻たたき」。執筆者の一人はこんな川柳を披…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]