メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう変わる医療と介護

2018年度 同時報酬改定 国保の財政運営 赤字脱却へ都道府県主導

美容室で国保の通知を見つめる女性。客と保険料の話題になることもあるという=北海道旭川市で

保険料の差解消目指す 負担増の加入者も

 定年退職した人や自営業者らが加入する市区町村の国民健康保険(国保)。赤字体質からの脱却を目指し、来年度から都道府県が加わって財政運営を担う。一方、負担軽減など自治体の独自策が継続しにくくなったり、保険料の引き上げが見込まれたりするところもあり、自治体の対応に注目が集まっている。【堀井恵里子】

 「国保の仕組みが変わると、保険料が上がるんじゃないかという心配はある」。北海道旭川市で40年近く美…

この記事は有料記事です。

残り1487文字(全文1703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです