メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アメフット 日大内田前監督ら会見で改めて指示を否定
どう変わる医療と介護

2018年度 同時報酬改定 国保の財政運営 赤字脱却へ都道府県主導

美容室で国保の通知を見つめる女性。客と保険料の話題になることもあるという=北海道旭川市で

保険料の差解消目指す 負担増の加入者も

 定年退職した人や自営業者らが加入する市区町村の国民健康保険(国保)。赤字体質からの脱却を目指し、来年度から都道府県が加わって財政運営を担う。一方、負担軽減など自治体の独自策が継続しにくくなったり、保険料の引き上げが見込まれたりするところもあり、自治体の対応に注目が集まっている。【堀井恵里子】

 「国保の仕組みが変わると、保険料が上がるんじゃないかという心配はある」。北海道旭川市で40年近く美…

この記事は有料記事です。

残り1487文字(全文1703文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
  4. 台湾 「ダイソー」の輸入資格廃止 貿易法違反、罰金も
  5. 狛江市長 頭下げぬ謝罪会見「セクハラ認識ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]