メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう変わる医療と介護

2018年度 同時報酬改定 国保の財政運営 赤字脱却へ都道府県主導

美容室で国保の通知を見つめる女性。客と保険料の話題になることもあるという=北海道旭川市で

保険料の差解消目指す 負担増の加入者も

 定年退職した人や自営業者らが加入する市区町村の国民健康保険(国保)。赤字体質からの脱却を目指し、来年度から都道府県が加わって財政運営を担う。一方、負担軽減など自治体の独自策が継続しにくくなったり、保険料の引き上げが見込まれたりするところもあり、自治体の対応に注目が集まっている。【堀井恵里子】

 「国保の仕組みが変わると、保険料が上がるんじゃないかという心配はある」。北海道旭川市で40年近く美…

この記事は有料記事です。

残り1487文字(全文1703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです