メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう変わる医療と介護

2018年度 同時報酬改定 国保の財政運営 赤字脱却へ都道府県主導

美容室で国保の通知を見つめる女性。客と保険料の話題になることもあるという=北海道旭川市で

保険料の差解消目指す 負担増の加入者も

 定年退職した人や自営業者らが加入する市区町村の国民健康保険(国保)。赤字体質からの脱却を目指し、来年度から都道府県が加わって財政運営を担う。一方、負担軽減など自治体の独自策が継続しにくくなったり、保険料の引き上げが見込まれたりするところもあり、自治体の対応に注目が集まっている。【堀井恵里子】

 「国保の仕組みが変わると、保険料が上がるんじゃないかという心配はある」。北海道旭川市で40年近く美…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 松井知事「大阪都構想」法定協議会開催の意向 維新と公明、対立の溝埋まらず 
  5. 大阪都構想 ダブル選対応も話題 菅・松井・橋下氏が会食

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです