メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

走り続けて

研究に寄付の文化を 支援者求め別大も「走る」=山中伸弥

山中伸弥氏=小松雄介撮影

 秋も深まり、走るのには良い季節になってきました。気温が下がる秋から冬にかけては、マラソンのベストシーズンです。私は来年2月、市民ランナーにとってあこがれの大会である「別府大分毎日マラソン大会」(毎日新聞社など主催)に出場する予定です。私の最高記録は参加基準ぎりぎりの3時間27分ですので、完走を目標に練習に励んでいます。

 以前もこの連載でお伝えしましたが、私が走る理由の一つは、日々の練習が着実に成果に結びつく楽しさを感…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1296文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]