メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 万能の高木美、3000制す

女子3000メートルで日本新記録で優勝した高木美=佐々木順一撮影

 【カルガリー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦は1日、カルガリーで開幕し、女子3000メートルで23歳の高木美帆(日体大助手)が日本新記録の3分57秒09で優勝した。これまでの記録は2002年に田畑真紀が出した4分1秒01で、五輪種目で最古の日本記録だった。W杯でこの種目を制するのは日本勢初。1000メートル、1500メートルと合わせて通算5勝目をマークした。

 男子5000メートルでは格下のBクラスで21歳の一戸誠太郎(信州大)が6分12秒80の日本新記録で…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1145文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  4. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  5. 東広島2男児殺害 刺し傷10カ所 母「交互に刺した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです