メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/63 闘争

さざ波を立てては消えていく=熊本県水俣市で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

生の回路開くために

 「水俣病展2017」が熊本県立美術館分館で開かれている(10日まで)。500人もの患者遺影など、本やインターネットでは得られない臨場感あふれる展示が圧巻だ。要所には石牟礼道子さんの文章が掲げられている。解説というより、展示物に命を吹き込む尽きざる魂の泉として、展観を支えている印象だ。

 水俣の表現者第1世代、写真家・桑原史成さんの作品の吸引力は格別である。被写体となった胎児性患者、半…

この記事は有料記事です。

残り1936文字(全文2148文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
  2. 薬の費用対効果 1年延命、いくら支払うか 厚労省調査へ
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 国民民主 「第1党」困難 希望から最大47人 衆院野党
  5. 立憲民主 枝野代表、民進議員を批判「与党みたいな質問」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]