メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

松田喬和のずばり聞きます 公明党・太田昭宏前代表 改憲、条文より「国の形」 議論はまだ初動段階

公明党の太田昭宏衆議院議員=東京都千代田区で2017年11月28日、根岸基弘撮影

 野党の騒動の一方で、公明党の動向に注目が集まる。安倍晋三首相が進める憲法改正にどう対応するのか--。政権内の「ブレーキ役」を自任する公明党だが、集団的自衛権の行使を認める安全保障関連法に賛成するなど、これまで自民党が打ち出した政策に同調してきた。自民党幹部に深い人脈を持つ前代表の太田昭宏衆院議員に、松田喬和・毎日新聞特別顧問が聞いた。【構成・葛西大博、写真・根岸基弘】

この記事は有料記事です。

残り2396文字(全文2582文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場
  4. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  5. 和歌山殺人 妻に複数の生命保険 体内から大量の砂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]