メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

地球温暖化対策の行方 日本は再生エネ促進を 独ポツダム気候影響研究所長 ハンス・シェルンフーバー氏

 世界の平均気温の上昇を、産業革命前から2度未満に抑えるとの目標を掲げる地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定=1」。協定のルール作りに向けた話し合いが11月に始まったが、米国の離脱表明が実効性に影を落とす。世界はどう行動すべきか。目標の提唱者で独ポツダム気候影響研究所のハンス・シェルンフーバー所長(67)に聞いた。【聞き手・渡辺諒、写真・竹内紀臣】

--「2度未満」が適当と考えた理由を教えてください。

この記事は有料記事です。

残り2703文字(全文2904文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです