メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

国語学者、早大名誉教授・秋永一枝さん=9月29日死去・89歳

女性教育研究者の先駆 秋永一枝(あきなが・かずえ)さん=老衰のため、9月29日死去・89歳

 「上代特殊仮名遣いを知らない人は、不幸だ!」。大学で最初に履修した必修の授業で、秋永一枝先生のこの一言をきっかけに、私は日本語研究を志すことになる。

 先生は東京の下町に育ち、東京弁をこよなく愛された。そして、土岐善麿をはじめ、東京弁話者の言葉を精力的に記録し、著書「東京弁は生きていた」や「東京弁辞典」をまとめられたが、中心的な仕事は日本語アクセント史の研究である。

 早くも桜蔭高等女学校の生徒時代、国語教師の発音が東京アクセントと異なることが気になり、メモをとって…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文741文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  2. 国際秩序の維持 トランプ氏には任せられない
  3. 小田原市職員 「保護なめんな」ジャンパーで受給世帯訪問
  4. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  5. 神奈川 夏の茅ケ崎、みこし海を舞う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]