メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 追い抜き、また世界新 日本女子V、2分53秒88

女子団体追い抜きで世界新記録で優勝し、金メダルを手に笑顔を見せる(左から)菊池彩花、高木菜那、高木美帆=カナダ・カルガリーで2017年12月2日、佐々木順一撮影

 【カルガリー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は2日、カルガリーで行われ、女子団体追い抜きで高木美帆(日体大助手)高木菜那(日本電産サンキョー)菊池彩花(富士急)で臨んだ日本は2分53秒88の世界新記録で優勝した。11月のW杯第1戦で出した2分55秒77を更新。W杯では今季2戦2勝で昨季から5連勝となった。

 女子1000メートルの小平奈緒(相沢病院)はカーブの出口で転倒し、2分5秒88で最下位の20位だっ…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1342文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです