メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 追い抜き、また世界新 日本女子V、2分53秒88

女子団体追い抜きで世界新記録で優勝し、金メダルを手に笑顔を見せる(左から)菊池彩花、高木菜那、高木美帆=カナダ・カルガリーで2017年12月2日、佐々木順一撮影

 【カルガリー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は2日、カルガリーで行われ、女子団体追い抜きで高木美帆(日体大助手)高木菜那(日本電産サンキョー)菊池彩花(富士急)で臨んだ日本は2分53秒88の世界新記録で優勝した。11月のW杯第1戦で出した2分55秒77を更新。W杯では今季2戦2勝で昨季から5連勝となった。

 女子1000メートルの小平奈緒(相沢病院)はカーブの出口で転倒し、2分5秒88で最下位の20位だっ…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1342文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです