メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラロワ

世界一決定戦を開催 日本勢は初戦敗退

「クラッシュ・ロワイヤル」の世界一決定戦で優勝したメキシコのセルジオラモスさん=英ロンドンのカッパー・ボックスアリーナで2017年12月3日、兵頭和行撮影

 ゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」(スーパーセル社、以下クラロワ)の世界一決定戦が3日、英・ロンドンのカッパー・ボックスアリーナで行われ、メキシコのセルジオラモスさんが世界一の栄冠に輝いた。日本代表のフチさん、アマテラスさんはいずれも初戦で敗退した。【兵頭和行、平野啓輔】

 クラロワは、スマートフォンとタブレットで遊べる対戦型カードゲームで、世界中のプレーヤーとリアルタイムで対戦できる。ゲームは手持ちのカードを使いながら、制限時間内で相手のタワーを一つでも多く破壊した方に軍配が上がる。最大8枚のカードを駆使した戦略性の高いゲーム性が人気で、世界各国のアプリセールスランキングで首位を獲得している。クラロワはオンライン対戦が普通だが、各国の予選を勝ち抜いた選手同士が顔を合わせて対戦する世界大会は初めての開催で、いわゆるeスポーツとして注目を集めていた。

 世界一決定戦には、187カ国から2700万人が参加し、日本、中国、韓国、東南アジア、欧州、北米、南米、その他の8地域から16人がトーナメント方式で対戦。賞金総額は1億円で、優勝したセルジオラモスさんは15万ドル(1680万円)を獲得した。

日本勢、会場の雰囲気にのまれる

「クラッシュ・ロワイヤル」の世界一決定戦に日本代表として出場したフチさん(右)、アマテラスさん=英ロンドンのカッパー・ボックスアリーナで2017年12月3日、兵頭和行撮影

 日本からは、延べ4万1230人が出場した日本大会のファイナリスト、フチさんとアマテラスさんが出場。

 無課金で日本一に上り詰めたフチさんは、世界でも異例の存在だ。ドイツのベリンさんと対戦したが、カードの組み合わせを研究され、1対2で敗れた。フチさんは「世界大会は今までのどの環境とも違った。最後の試合は夢に出そうだ。相手は自分を研究してきていることがよくわかった。ここで終わったら絶対に勝てないので、続けていきたい」と悔しさをにじませた。

 一方、センター試験を控える高校生のアマテラスさんは、ベトナムのタリさんと対戦し、0対2で敗れた。アマテラスさんは「舞台に上がったら会場の雰囲気にのまれて、手が震えてしまった。海外の選手は大きな大会に慣れていて、メンタル的に強く映った。クラロワは受験で休止するが、終わったらこういう場に出られるように練習したい」と決意を新たにした。

 クラロワに精通し、ユーチューブで実況を担当したドズルさんは日本勢の敗因を「プロ選手である海外プレーヤーとの経験の差が出た。eスポーツ文化が日本では根付いていないということもあり、eスポーツとしてチームで戦っている人と個人ではメンタル的に違うと感じた」と分析した。世界一決定戦については「eスポーツ文化を間近で見て刺激を受けた。日本ではまだこういった大会は見られない。ゲームに生活やすべてをかけている人たち、チームが存在して、結果を残していることは格好いい」と語った。

日本人女性「本当にゲームの中にいるようですごく興奮した」

「クラッシュ・ロワイヤル」の世界一決定戦の模様=英ロンドンのカッパー・ボックスアリーナで2017年12月3日、兵頭和行撮影

 カッパー・ボックスアリーナは、2012年のロンドン五輪に合わせて作られ、五輪では主にハンドボールの会場として使用された。世界一決定戦のオープニングセレモニーは、ロンドン五輪開会式を担当したヘイミッシュ・ハミルトン氏が担当。観戦チケットは完売し、世界中からファン1500人が集まった。イベントの模様は合計13のプラットホーム、9言語で生配信され、日本ではユーチューブの同時接続数がオープニングセレモニーとアマテラスさんの試合の際に、2万7000人に達した。

 ゲーム仲間の友人と一緒に観戦しに来たというロンドン在住の男性(37)は「音響と映像でゲームの世界観が再現されていてすごい」と興奮気味。「eスポーツというものが存在することは知らなかったが、盛り上がりを見て、素晴らしいと思った」と語った。

 会場の近所に住んでいるという男性(31)は初めてeスポーツを見たといい、「いろいろなプレーヤーやカードの組み合わせ、逆転の展開が面白かった」という。

 16歳の息子と一緒に見に来たというロンドン在住の日本人女性(38)は「周りはヨーロッパ勢の応援がすごく、アジア系はアウェーな感じ。だけど日の丸を振って応援した」という。「本当にゲームの中にいるようですごく興奮した」と話していた。

世界一決定戦

 【1回戦】

 ●ヤオヤオ(台湾) 1-2 ミュージックマスター(米国)○

 ●ゲルチューブ(韓国) 0-2 エイドリアン・ピエドラ(メキシコ)○

 ●コルトン(米国) 1-2 ウィンズ(中国)○

 ○ベリン(ドイツ) 2-1 フチ(日本)●

 ○セルジオラモス(メキシコ) 1-0(2本連続ドロー) クロスボウ・マスター(韓国)●

 ●シーエムヒュー(米国) 0-2 エレクトリファイ(イスラエル)○

 ○クワイエット(中国) 2-0 ルーパンジー(フランス)●

 ●アマテラス(日本) 0-2 タリ(ベトナム)○

 【準々決勝】

 ○ミュージックマスター(米国) 2-0 エイドリアン・ピエドラ(メキシコ)●

 ○ウィンズ(中国) 2-0 ベリン(ドイツ)●

 ○セルジオラモス(メキシコ) 2-0 エレクトリファイ(イスラエル)●

 ●クワイエット(中国) 1-2 タリ(ベトナム)○

 【準決勝】

 ○ミュージックマスター(米国) 2-1 ウィンズ(中国)●

 ○セルジオラモス(メキシコ) 2-1 タリ(ベトナム)●

 【決勝】

 ●ミュージックマスター(米国) 1-3 セルジオラモス(メキシコ)○

賞金(1ドル=112円換算)

 1位:15万ドル(1680万円)

 2位:7.5万ドル(840万円)

 3~4位:2.75万ドル(308万円)

 5~8位:1.5万ドル(168万円)

 9~16位:7500ドル(84万円)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  2. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
  3. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞
  4. サワラ漁 播磨灘で始まる かつてない大漁 洲本 /兵庫
  5. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]