メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語食堂

その66 掛け取り 師走の八寸、にぎやかに

きょうの噺「掛け取り」をお題にした料理。蝶の小袖ずしふくらみたまり(中央)、(右奥から時計回りに)狭腰の南蛮漬け、近江赤こんにゃく田楽、目張りの茶葉天ぷら、鱚と金時草のおひたし=菅知美撮影

 昔は米も酒もツケ払いが当たり前で、大みそかにはたまったツケを取り立てに来る。去年は自分が死んだことにして払いを逃れた熊さん、今年は「人間は好きなものには心を奪われるちゅうさかい、好きなもんで断りを言うたろ」と企てる。相撲好きの八百屋は相撲のダジャレ尽くしで、芝居好きのしょうゆ屋には芝居がかりで、けんか好きの酒屋にはけんか腰で応対し--。

 ツケを取り立てようとする方と、払いを断ろうとする方との大みそかの攻防戦を描く「掛け取り」。けったい…

この記事は有料記事です。

残り1596文字(全文1816文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです