メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

アレルギー食べて治せる? 徐々に慣らす経口免疫療法 重症化の例も=回答・下桐実雅子

 なるほドリ 横浜市の病院で牛乳アレルギーの治療を受けていた子どもが重症になったと聞いたよ。どういうことなの。

 記者 食物(しょくもつ)アレルギーの経口免疫療法(けいこうめんえきりょうほう)のことですね。食物アレルギーは卵や牛乳、小麦など、特定の食品をとると、じんましんや腹痛、せきなどのさまざまな症状が出ます。学校に入っても2・5~4・5%の子に食物アレルギーがあるというデータがあります。少し食べただけでも呼吸困難や血圧低下などの重い症状を起こす人もおり、給食や外食で誤って食べてしまう心配があります。経口免疫療法は、食べても症状が出ないように体を慣れさせます。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文812文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです