メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

COP23、温暖化対策の明日 米国離脱の穴どう埋めるか=論説委員・鴨志田公男

日本の石炭火力技術の海外輸出に抗議する国際NGOメンバー=ドイツ・ボンで11月9日、五十嵐和大撮影

毎日・協調保たれた/朝日・途上国の不満懸念/読売・原発再稼働を

 地球温暖化対策の新国際枠組み「パリ協定」は、今世紀末の地球の平均気温の上昇を産業革命前に比べて2度未満に抑えることを目的に掲げた。その実現に向け、すべての国が温室効果ガスの自主的な排出削減目標を掲げ、対策に取り組むことを定めている。

 温暖化の脅威は人類共通の課題であり、特定の国の努力だけでは解決できないからだ。脱炭素社会の構築に向け、国際社会が成し遂げた画期的な合意である。

 協定は採択から1年後の昨年11月に発効したが、石炭産業の復興などを公約したトランプ米政権が今年6月…

この記事は有料記事です。

残り2290文字(全文2560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです