メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

改憲論議…中曽根行革の視点から 国民運動の広がり不可欠=松田喬和(特別顧問)

第2次臨時行政調査会の最終答申を提出し、中曽根康弘首相(右)に「よろしく頼みます」と伝え握手する土光敏夫臨調会長=首相官邸で1983年3月14日

 衆参両院の各党代表質問では、憲法改正の是非が当面の最重要課題として扱われた。半面、毎日新聞の11月の世論調査では、国会の改憲発議について、「急ぐ必要がない」との回答が66%と、「急ぐべきだ」の24%を大きく上回った。同じ調査で、安倍晋三首相が打ち出した憲法9条第1項(戦争放棄)と第2項(戦力不保持)をそのままに、自衛隊の存在を明記する改正案には「賛成」33%、「反対」29%と真っ二つに分かれる一方、「わからない」34%が僅差ながら賛否両論を抑えトップだった。

 与野党が激しく論争する国会とは対照的に、世論はいたって冷静で冷淡だ。この落差は、今後の改憲問題の推…

この記事は有料記事です。

残り1778文字(全文2060文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. フィギュアスケート 世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功
  4. 習志野が好走塁 1点を追加しリード広げる
  5. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです