メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VXの女たち・正男暗殺

法廷編 逮捕時の状況、確認難航

アイシャが逮捕されたフラミンゴホテルの356号室

 被告のシティ・アイシャは事件3日後、クアラルンプールの「フラミンゴホテル」356号室で逮捕された。ところが逮捕時の詳しい状況は、警察と弁護側で主張が食い違い、11月15日の公判で争点になった。

 アイシャはホテル内のマッサージ店「ニンゴ・スパ」で「ケリー」という通称で働いていた。356号室は店の真上にあり、階段を使えば1分とかからない距離だ。

 捜索を指揮した警察官のナスリは証言台で「部屋には他にだれもいなかった」と述べた。しかしアイシャの主…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文750文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです