メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VXの女たち・正男暗殺

法廷編 逮捕時の状況、確認難航

アイシャが逮捕されたフラミンゴホテルの356号室

 被告のシティ・アイシャは事件3日後、クアラルンプールの「フラミンゴホテル」356号室で逮捕された。ところが逮捕時の詳しい状況は、警察と弁護側で主張が食い違い、11月15日の公判で争点になった。

 アイシャはホテル内のマッサージ店「ニンゴ・スパ」で「ケリー」という通称で働いていた。356号室は店の真上にあり、階段を使えば1分とかからない距離だ。

 捜索を指揮した警察官のナスリは証言台で「部屋には他にだれもいなかった」と述べた。しかしアイシャの主…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文750文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]