メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イエメン

前大統領殺害 武装組織が自宅爆破、銃撃 現地報道

 【カイロ篠田航一】中東の衛星テレビ局アルジャジーラは4日、内戦が続くイエメンの首都サヌアで、サレハ前大統領がイスラム教シーア派系武装組織フーシに殺害されたと伝えた。サレハ氏側近の話として報じた。フーシとサレハ氏は同じ反政府勢力として連携してきたが、内紛が生じたとみられ、内戦は混迷の度を深めている。

 イランの支援を受けるフーシはサレハ氏と協力し、ハディ暫定政権を支持するサウジアラビアなどのアラブ諸国連合軍と戦闘を続けてきた。だがサレハ氏は2日、サウジ側と和平協議の用意があると表明。反発したフーシが攻撃に出た可能性がある。フーシは4日にサレハ氏の自宅を爆…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文699文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです