メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生きる

小児がん征圧キャンペーン 公演収益50万円、竹下さんが寄託

収益金を寄託した女優の竹下景子さん(左から2人目)とNPO法人「朴の会」の皆さん。左から4人目は毎日新聞東京社会事業団理事長で、毎日新聞社の丸山昌宏社長=毎日新聞東京本社で4日、中村藍撮影

 女優の竹下景子さんが4日、東京都千代田区の毎日新聞社を訪れ、小児がん患者を支援するチャリティー公演「ごえんなこんさぁと」の収益金50万円を毎日新聞東京社会事業団の小児がん征圧募金に寄託した。

 公演は竹下さんもメンバーの認定NPO法人朴(ほお)の会の主催。2008年に始まり、今年は7月に三重県伊勢市…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  2. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです