メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

尿量増加に注意、猫の腎臓病

健康診断で猫を診察する服部幸院長=東京都江東区の東京猫医療センターで

 高齢の猫の多くが苦しむ腎臓病。予防が難しいうえ、根本的な治療法はなく、常に死因の上位に挙がる。病気の進行を遅らせるには、早期の診断と対処が重要だ。飼い主にできることを、猫専門病院「東京猫医療センター」(東京都江東区)の服部幸(ゆき)院長に聞いた。

 腎臓には、血液中の老廃物を尿として排出したり、体内の水分バランスを調節したりする役割がある。腎臓の細胞が何らかの原因で壊れ、この機能が徐々に低下していく状態が「慢性腎臓病」だ。発症メカニズムに不明な点が多いものの、人や犬に比べ、猫は構造的に慢性腎臓病になりやすいと考えられている。

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1413文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]