メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

尿量増加に注意、猫の腎臓病

健康診断で猫を診察する服部幸院長=東京都江東区の東京猫医療センターで

 高齢の猫の多くが苦しむ腎臓病。予防が難しいうえ、根本的な治療法はなく、常に死因の上位に挙がる。病気の進行を遅らせるには、早期の診断と対処が重要だ。飼い主にできることを、猫専門病院「東京猫医療センター」(東京都江東区)の服部幸(ゆき)院長に聞いた。

 腎臓には、血液中の老廃物を尿として排出したり、体内の水分バランスを調節したりする役割がある。腎臓の細胞が何らかの原因で壊れ、この機能が徐々に低下していく状態が「慢性腎臓病」だ。発症メカニズムに不明な点が多いものの、人や犬に比べ、猫は構造的に慢性腎臓病になりやすいと考えられている。

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1413文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 積水ハウス被害 「地面師」数人を逮捕 偽造文書行使容疑
  5. MS共同創業者 ポール・アレン氏死去 撃沈の武蔵発見も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです