メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 英国の児童小説「鏡の国のアリス」に登場するキャラクター「赤の女王」のセリフに、こんな一節がある。「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない」。物理的にはなんとも不条理な話だが、生物の進化に関しては、このセリフが当てはまると考えられている。

 地球上の生物は必ず他の生物と関係を持ちながら生きている。他の生物を食べたり、身を守ったり、資源を巡って競争したり、病原体と闘ったりしている。例えば、追われる側の者が、進化によって逃げ足が速くなったとする。追う側は、より巧妙に相手を襲う方法を進化によって身につけなければ、食事にありつけなくなるだろう。

 このように、生物が他の生物との関係性を維持し、生存し続けるためには、常に進化し続けなければならない…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです