メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日出版文化賞を受賞した(右から)古処誠二さん、東浩紀さん、千葉聡さん、田川建三さん、前野ウルド浩太郎さん

 第71回毎日出版文化賞(特別協力=大日本印刷)の贈呈式が11月30日、東京都内で開かれた。受賞者5人の喜びの声を紹介する。

編集者の言、正しかった 古処誠二さん

 第二次世界大戦中のビルマ山中を舞台にしたミステリー小説『いくさの底』(KADOKAWA)で文学・芸術部門を受賞した作家の古処誠二さんは、緊張した面持ちで登壇し「2000年のデビューから17年たち、初めて担当編集者さんのアドバイスに耳を傾けて書いた作品です。(それが受賞に至り)担当さんの言うことは正しいと思った次第です」と会場を笑わせた。

 さらに「今後、古処に賞を与えて間違いなかったと言われるような作品を書きたい。次作にご期待ください」…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1397文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  2. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  3. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  4. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)
  5. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです