メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/29 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月七日(25)

 返事には気をつけなくてはいけない。けれどタケシも自分を曲げるのは嫌だった。

「ぼくは日本人だ。日本のために戦う。アメリカに姉はいるし手紙も届くけど、スパイなんかじゃない」

 細川の目が血走っていた。これはやられる。タケシは覚悟した。一発ならいい。亡くなった親父(おやじ)さんのために我慢する。さらに手を出してくるようなら、やってやる。

「ふざけるな。おまえは日本人なんかじゃない。アメリカのやつなんかこうだ」

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文928文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. ORICON NEWS 大阪城で“ナイトウォーク”『サクヤルミナ』12月オープン 渡辺直美「ワクワクしちゃう」
  3. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  4. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  5. 埼玉・高齢夫婦殺傷 中3の孫逮捕 殺人未遂容疑で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです