メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転技術

“地域限定”群馬大で研究進む 路線バスや駐車場、生活圏内のニーズに対応 /群馬

自動運転技術について説明する小木津武樹副センター長(右)ら=前橋市荒牧町の群馬大で

 少子高齢化で、バス、タクシーの運転手不足や高齢者の交通手段の確保が課題になっている。そこで期待されるのが自動運転技術。自動車メーカーやIT企業による研究開発競争が激化する中、路線バスや機械式駐車場の駐車での導入などに取り組む群馬大が研究のテーマにしているのが“地域限定”だ。【山本有紀】

 「地域限定のタクシーやバスなどに取り入れるのが最初の第一歩」。今月2日、前橋市荒牧町の群馬大で開かれた、車の自動運転技術に関するシンポジウム。群馬大の自動運転技術研究の拠点「次世代モビリティ社会実装研究センター」の小木津武樹・副センター長は、目指す研究の方向性についてこう説明した。

 自動運転の研究は、大学や自動車メーカー、IT企業などが取り組んでいる。小木津氏によると、自動車メー…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文990文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
  4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]