メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瀬田栄之助

人道作家の半生追う 四日市の志水さん出版 捕虜収容所で慰安演奏会企画、外国兵の墓作りも /三重

瀬田栄之助の半生を描いた本を手にする志水雅明さん=四日市市で

 四日市市出身の作家、瀬田栄之助(1916~71年)の足跡をたどった本「戦場のファンタスティック シンフォニー~人道作家・瀬田栄之助の半生」が出版された。戦時下、市内の捕虜収容所で通訳をしていた時、慰安のために外国兵による生演奏を企画したことを手記で紹介するなど、敵味方を超えた献身的な行為に光を当てている。【松本宣良】

 半生記を著したのは、日本文芸家協会会員の志水雅明さん(67)=四日市市江村町。半世紀近く前、市内の…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文775文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場
  4. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  5. 和歌山殺人 妻に複数の生命保険 体内から大量の砂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]