メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひつじ書房

神戸・東灘の児童図書専門店 心育てた42年に幕 元司書の店主・平松さん、地元で選書に定評 /兵庫

平松二三代さんが42年続けた児童図書専門店「ひつじ書房」は、地域の人に惜しまれながら閉店した=神戸市東灘区の岡本1で、松本杏撮影

 書店が全国的に減っている中、神戸市でもまた一つ、街の本屋の灯が消えた。東灘区岡本1で42年間にわたり地元の人々に愛されてきた児童図書専門店「ひつじ書房」だ。店主の平松二三代さん(86)=東灘区岡本2=が「子どもたちが心を豊かにする本と出合えるように」と採算を度外視して店を守ってきたが、加齢と後継者不在のため、常連客や地域の人に見守られて3日、閉店した。【松本杏】

 11月下旬以降は閉店を聞き付けた客が詰め掛け、平松さんが本を包装する手を休める暇がないほどにぎわっ…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文986文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  2. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. 児童虐待 目黒5歳児死亡 親権に「懲戒権」は不要だ 「子どもは親の所有物ではない」
  5. はやぶさ2 リュウグウに130mの大岩 小惑星本格観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]