メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国学校給食甲子園

宇陀市が準優勝 地産食材「まるでフランス料理」 /奈良

奈良県宇陀市の竹内幹郎市長(左)に全国学校給食甲子園準優勝を報告した宇良章子さん(中央)と辰己明子さん=同市役所で、山本和良撮影

 東京の女子栄養大で今月開かれた第12回全国学校給食甲子園(NPO法人・21世紀構想研究会主催)で、宇陀市立学校給食センターの栄養職員、辰己明子さん(51)と調理主任、宇良章子さん(59)が地元産食材にこだわって考案・調理した献立が準優勝に輝いた。2人は「野菜を毎日届けてくれる農家や宇陀の皆さんのお陰。センターのみんなと一緒にいただいたと思う」と喜んでいる。【山本和良】

 全国学校給食甲子園は、各地の郷土を代表する給食の献立を競い合うことで、食育への理解を深め、地産地消…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです