メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国学校給食甲子園

宇陀市が準優勝 地産食材「まるでフランス料理」 /奈良

奈良県宇陀市の竹内幹郎市長(左)に全国学校給食甲子園準優勝を報告した宇良章子さん(中央)と辰己明子さん=同市役所で、山本和良撮影

 東京の女子栄養大で今月開かれた第12回全国学校給食甲子園(NPO法人・21世紀構想研究会主催)で、宇陀市立学校給食センターの栄養職員、辰己明子さん(51)と調理主任、宇良章子さん(59)が地元産食材にこだわって考案・調理した献立が準優勝に輝いた。2人は「野菜を毎日届けてくれる農家や宇陀の皆さんのお陰。センターのみんなと一緒にいただいたと思う」と喜んでいる。【山本和良】

 全国学校給食甲子園は、各地の郷土を代表する給食の献立を競い合うことで、食育への理解を深め、地産地消…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです