メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者と学校交流

福島小児童50人、記者の仕事学ぶ 出前授業 /和歌山

 和歌山市福島の市立福島小学校(辻本真吾校長、児童152人)で5日、毎日新聞記者による出前授業があった。麻生幸次郎・和歌山支局長が「記者の仕事と記事」と題して話し、4、5年生50人が熱心に耳を傾けた。

 和歌山支局勤務が3回目の麻生支局長は、1998年に遭遇した毒物カレー事件での取材経験を紹介。「事件の悲…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]