メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第2部 再見北京/上(その1) 首都浄化、消えた村 火災機に立ち退き命じ

がれきと化した町並みが広がる「新建村」。村を立ち去る家財道具を積んだ車が目に付いた=北京市大興区新建村で2017年11月27日

 中国の習近平総書記(国家主席)の肝いりで「国際一流都市」を目指す首都・北京市で「環境浄化」が進む。そして、いくつもの集落が消え、出稼ぎ労働者が家や職を失っている。

 11月27日、北京南部の大興区にある「新建村」を訪ねた。1キロ四方程度の村のあちこちで、重機がビルや家屋を破壊していた。目抜き通りには、村の名前を掲げた大きな門が残るだけ。辺りはがれきの山と化していた。

 北京でも郊外の生活費は安い。出稼ぎ労働者が集住する新建村で11月18日夜、2階建て雑居建物から火災…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです