メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第2部 再見北京/上(その1) 首都浄化、消えた村 火災機に立ち退き命じ

がれきと化した町並みが広がる「新建村」。村を立ち去る家財道具を積んだ車が目に付いた=北京市大興区新建村で2017年11月27日

 中国の習近平総書記(国家主席)の肝いりで「国際一流都市」を目指す首都・北京市で「環境浄化」が進む。そして、いくつもの集落が消え、出稼ぎ労働者が家や職を失っている。

 11月27日、北京南部の大興区にある「新建村」を訪ねた。1キロ四方程度の村のあちこちで、重機がビルや家屋を破壊していた。目抜き通りには、村の名前を掲げた大きな門が残るだけ。辺りはがれきの山と化していた。

 北京でも郊外の生活費は安い。出稼ぎ労働者が集住する新建村で11月18日夜、2階建て雑居建物から火災…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文807文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]