メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第5部 JR東日本/11 エキナカからマチナカ

改装した「ペリエ千葉」で人気を集めているラーメン店「松戸富田麺業」=JR千葉駅で2017年11月21日、根岸基弘撮影

 JR東日本は2000年代以降、鉄道事業の収益が頭打ちとなる中、毎日多くの人が使う主要駅にコンビニや商業施設、ファッションビルなどを展開する「エキナカ」ビジネスを進めてきた。その結果、「エキナカ」を含む生活サービス事業の収益は全体の3割弱まで拡大したが、通勤・通学客らを「エキナカ」の買い物に誘導するモデルには限界も見え始めている。

 松戸の行列ができる店のつけ麺、船橋で人気のメロンパン、地元のブランド食材を使ったグルメ……。今秋、…

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1171文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]