メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

島を動かす高校生=中村秀明

 <sui-setsu>

 福岡市から高速船に乗って玄界灘を約1時間、長崎県壱岐(いき)市で富士ゼロックス地域創生営業部の高下徳広さん(51)に会った。

 この島が彼の仕事場となったきっかけは、偶然知り合った市職員の訴えだった。「壱岐を離島活性化のモデルにしたい。手を貸してください」。岩手県遠野(とおの)市で地域づくりを支えてきた富士ゼロックスへの期待が背景にあった。

 市との連携協定を2年前に結び、まず手がけたのは住民主体の地域づくりの土台になる「みらい創り対話会」…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1001文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  3. 東京メトロ 男性が切りつけられ負傷 南砂町駅
  4. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  5. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]