メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

クロマグロ資源量どう調査? 漁獲状況から推計 近年精度向上=回答・小川祐希

 なるほドリ 太平洋クロマグロの資源管理(しげんかんり)を話し合う国際会議が始まったね。資源量って、どうやって調べるの?

 記者 フィリピンのマニラで7日まで開催されている中西部太平洋マグロ類委員会(WCPFC)の年次会合のことですね。WCPFCは、太平洋クロマグロの親魚(30キロ以上)の資源量を2014年の約1・7万トンから24年までに約4・1万トンに増やす目標を掲げています。漁業者(ぎょぎょうしゃ)への調査などを基にして推計(すいけい)しました。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文886文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです