メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第2部 再見北京/上(その2止) 出稼ぎ労働者の村、一斉立ち退き 問答無用「低ランク」切り

 

 「『問答無用』の立ち退きはやり過ぎだ」。北京市南部の大興区新建村で町工場を経営していた安徽省出身の男性(33)が村全体に及ぶ一斉立ち退きに語気を強めた。男性は2002年から北京で働き、妻子を持ち、07年に自分の工場を手に入れた。「できる限り工場の安全を重視してきた。『安全のため』と言いながら違法部分も指摘せず、改善する機会も与えないなんて」

 11月18日夜の火災で19人が亡くなった簡易宿泊所は、家賃は月600元(1万円)程度で付近の賃貸マ…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1039文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]