メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クアラルンプール国際空港第2ターミナル内にある警察

 「よく似た女の身柄を押さえました」。事件2日後の2月15日朝、クアラルンプール国際空港詰めの警察官から一報を受けた地元警察のフスニー・フセインは、部下5人を連れて空港に急いだ。

 11月16日の公判で証言したフスニーによれば、第2ターミナル内の警察施設に留め置かれた女は白黒の靴に青色のハンドバッグ。警察が追っていた事件当日の防犯カメラに映っていた実行役と靴やバッグが同じで、背格好もよく似ていた。所持していたベトナム旅券で被告のドアン・ティ・フオン(29)だと確認し、午前8時半ごろに逮捕した。

 フオン弁護団の法廷での説明によれば、フオンは事件後、「スカイスターホテル」に滞在していた。空港から…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文710文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです