メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

望郷の念 ニューデリー支局・金子淳

 「インドに来たのは10年前。故郷を捨てたくはなかったけれど、子供たちの未来を選んだ」。ヒンズー教徒のグマーンさん(45)は渋い表情でつぶやいた。会ったのはインド西部の街ブジ。かつてのグマーンさんの「母国」であり、今では「敵国」となってしまったパキスタンとの国境までは、車で約2時間の距離だ。

 パキスタン南部カラチ出身。父親は地元州議会議員を務めた名士だ。イスラム教徒が9割超のパキスタンだが「宗教対立もなく平和に暮らしていた」。…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです