メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

SDGs 積水ハウスの省エネ住宅にUNEP注目 技術発信、日本に期待

SDGs(エスディージーズ)

 ドイツのボンで先月開かれた国連の気候変動会議(COP23)では、日本の企業が「持続可能な開発目標」(SDGs)を踏まえた企業活動や気候変動対策について発表する場面が目立った。国際社会では「日本の技術力を世界に発信すべきだ」などと期待する意見も多い。

 ●副社長が講演

 ボンで開催されたCOP23の関連イベントでは、世界各国の企業が環境技術をアピールし、中には商談につなげる動きも見られた。欧州での開催ということもあり、日本企業の存在感は大きくはなかったが、中には国際社会に意外な技術力を認められた企業がイベントに招かれ登壇したケースもあった。

 「パリ協定順守に向けて、今後広く『ゼロ・エネルギー・ハウス』を普及させるためには、その意義が深く市…

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1856文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです