メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 広がる男女格差 平等の理念、学び直しを=立教大学教授・湯沢直美

 144カ国中114位、主要7カ国(G7)では最下位--。これは、国際機関「世界経済フォーラム」が11月に公表した2017年のジェンダーギャップ(男女格差)指数の結果である。昨年の111位からさらに後退した。

 各国の順位は「経済活動の参加と機会」「教育達成」「政治参画」「健康と生存」の四つの分野から、男女による格差(不平等)を把握する指標により決定される。日本は健康分野で1位と抜きんでている一方、教育分野74位、経済分野114位、政治分野123位と格差が大きい。

 教育分野は男女平等が進んでいるようにみられがちだが、日本の高等教育の在学率の男女比は101位にとど…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1084文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  2. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  5. 宮崎 霧島連山の硫黄山噴火 噴火警戒レベル3に引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]