メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 広がる男女格差 平等の理念、学び直しを=立教大学教授・湯沢直美

 144カ国中114位、主要7カ国(G7)では最下位--。これは、国際機関「世界経済フォーラム」が11月に公表した2017年のジェンダーギャップ(男女格差)指数の結果である。昨年の111位からさらに後退した。

 各国の順位は「経済活動の参加と機会」「教育達成」「政治参画」「健康と生存」の四つの分野から、男女による格差(不平等)を把握する指標により決定される。日本は健康分野で1位と抜きんでている一方、教育分野74位、経済分野114位、政治分野123位と格差が大きい。

 教育分野は男女平等が進んでいるようにみられがちだが、日本の高等教育の在学率の男女比は101位にとど…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1084文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]