メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IUCN

沖縄のトカゲモドキ 絶滅危惧種ワーストに

 国際自然保護連合(IUCN)は5日、世界の絶滅危惧種をまとめたレッドリストの最新版を公表した。新たに沖縄県・伊平屋島に生息するイヘヤトカゲモドキと同県・久米島のクメトカゲモドキを、3段階ある絶滅危惧種の最も深刻なランクに指定。鹿児島県・徳之島のオビトカゲモドキなども含め、評価した日本固有のヘビやトカゲの仲間計46種のうち3分の1が絶滅危惧種となった。

 IUCNは「生息環境が破壊され、ウシガエルなど侵略的外来種に食べられているのが原因だ」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文484文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです