メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「安倍総裁3選」に黄信号? 国民のモヤモヤ、じわり党内にも 本気の石破氏、官邸も仕掛けてくるか

来秋の総裁選で3選の足場を固めたかに見える安倍晋三首相(上)。しかし「安倍NO」の世論世代では、石破茂(下左)、岸田文雄(同右)両氏らが立ちはだかる可能性も

 10月の衆院選で大勝し、盤石の政権運営が続くと思いきや、安倍晋三首相の足元が揺らいでいるらしい。来秋の自民党総裁選で3選を果たし、十分な時間を確保した上で悲願の憲法改正を実現するというシナリオを描いているとされるが、3選に黄信号がともっているというのだ。何が起きているのか?【吉井理記】

 何はともあれ、自民党議員に聞いてみたい。安倍首相の政権運営を憂えてきた村上誠一郎・元行政改革担当相である。

 夕日を浴びる国会議事堂が見える議員会館の事務所。11選を果たした村上氏、支持者から贈られたコチョウ…

この記事は有料記事です。

残り2612文字(全文2860文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  3. 選挙 都民フ候補、全員が落選 練馬区議補選
  4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]