メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

意外に多い「希少がん」 放置せず経験豊かな病院へ

希少がんの例

 患者数の少ないまれながんを「希少がん」と呼ぶ。10月に閣議決定された第3期がん対策推進基本計画では、充実を図るべき重点施策の一つに、その対策が位置づけられた。病名を聞いたことのないがんになる恐れは誰にでもある。情報を集め、病院を選ぶコツを探った。(医療ライター・福島安紀)

症例数で治療成績に差/脳腫瘍は高度手術カギ/電話相談、患者会活用を

 「一つ一つはまれな病気ですが、全てを合わせると国内のがん患者の15%、6~7人に1人は希少がんで、胃がんと同じくらいの数になります。がん全体で見ると、希少がんは決してまれではないのです」。そう話すのは国立がん研究センター希少がんセンター長の川井章さんだ。

 発生率が人口10万人当たり6例未満で「数が少ないが故に診療、受診する上での課題が他のがんに比べて大…

この記事は有料記事です。

残り2062文字(全文2410文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]