メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜化石

水陸両生の新種 白亜紀後期 モンゴルで発見

 モンゴルの白亜紀後期(約7500万~7100万年前)の地層から、水鳥のような形態を持つ新種の恐竜の化石が見つかったと、イタリアなどのチームが7日、英科学誌ネイチャーに発表した。白鳥のように曲がった長い首とひれ状の前肢が特徴。陸上ではカモのように二足歩行し、水中で前肢を使って泳ぐなど、水陸両方で生活していたとみられる。

 チームなどによると、この恐竜は体長が推定約70センチ。首が頭から腰までの半分を占めるほど長く、魚を…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文465文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  5. キユーピー マヨネーズの中身が流れ落ちやすい容器を投入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです