メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

理解深めよう 独協医科大の白川医師、壬生の中学校で授業 11、12日 /栃木

学校側との打ち合わせに臨む白川賢宗医師(右)=壬生町立南犬飼中で

 日本人の2人に1人はかかるとされるがんについて、中学生のうちに理解を深めてもらおうと、独協医科大病院の白川賢宗医師(38)が11、12の両日、壬生町立南犬飼中の3年生を対象に授業を行う。医療の進歩でがん患者の長寿命化が進み、患者との接し方や医療用麻薬について知識をもつことが重要となっており、一般の意識を変える画期的な取り組みとなりそうだ。

 今年6月に白川医師が、病院に近接した南犬飼中に提案し、学校側も「生徒の人生を長期的スパンで考えると…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文717文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]