メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん

理解深めよう 独協医科大の白川医師、壬生の中学校で授業 11、12日 /栃木

学校側との打ち合わせに臨む白川賢宗医師(右)=壬生町立南犬飼中で

 日本人の2人に1人はかかるとされるがんについて、中学生のうちに理解を深めてもらおうと、独協医科大病院の白川賢宗医師(38)が11、12の両日、壬生町立南犬飼中の3年生を対象に授業を行う。医療の進歩でがん患者の長寿命化が進み、患者との接し方や医療用麻薬について知識をもつことが重要となっており、一般の意識を変える画期的な取り組みとなりそうだ。

 今年6月に白川医師が、病院に近接した南犬飼中に提案し、学校側も「生徒の人生を長期的スパンで考えると…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文717文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 日焼け止め 使用でビタミンD不足…20代女性に調査
  4. 20政令市 日焼け止めクリーム、プールで半数ダメの訳
  5. 18年 台風が最多ペースで発生 8月に初の5日連続で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです