メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン-イレブン・ジャパン

省エネ店舗、路面に太陽光パネル

セブン-イレブン千代田二番町店前に設置された路面型の太陽光発電パネル(手前)=東京都千代田区で2017年12月6日、今村茜撮影

 セブン-イレブン・ジャパンは6日、次世代型の省エネ店舗を報道陣に公開した。フランス製の路面型太陽光発電パネルを店舗前に設置して電力調達量を抑えるほか、スライド式の冷凍棚など最新設備を取り入れて従業員の負担軽減を図る。同店での6カ月間の検証を経て、全国のセブン-イレブン約2万店に順次導入していく。

 本社(東京都千代田区)に併設する直営店「セブン-イレブン千代田二番町店」を「ひとと環境に優しい店舗」のモデル店として7日に改装オープンし、公募で導入した国内…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです