メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK受信料訴訟

合憲 「健全なNHKに」 市民に応えて 元職員ら

NHKを巡る近年の動き

 NHKの受信料制度は合憲--。最高裁が初判断を示した6日、元NHK職員らからは「公共放送として、市民の期待に応えるNHKになってほしい」「司法のお墨付きを得ても、消費者の経済状況を無視した無理な徴収はやめて」と願う声が上がった。一方、契約締結と受信料の支払いを拒んできた被告男性側の弁護団は「通り一遍で予定調和の判決」「旧態依然の受信料方式を許し、大変残念」と批判した。【近松仁太郎、石山絵歩】

 「判決は、NHKに課された責任の重さを突きつけている。それにNHKが応えられているのか」。この日の…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1531文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです