メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

七魔が山の魔女とネメシスの使者/7

七魔が山の魔女とネメシスの使者 7

 <広げよう おはなしの輪>

文(ぶん)・茂市久美子(もいち・くみこ) 絵(え)・よしざわけいこ

 すると、セイボリーが、その詩(し)に、ひどくおどろいた顔(かお)をしました。

「バジル、これから、いそいで、七(なな)魔(ま)が原(はら)へ行(い)って、大(おお)魔(ま)女(じょ)たちに、いますぐ、ここに集(あつ)まるよう、伝(つた)えてちょうだい。夜(よる)になってからではなく、いますぐよ。それから、あなたも、大(おお)魔(ま)女(じょ)たちみんなに知(し)らせたら、ペッパーさまの詩(し)を持(も)って、ここに来(き)てちょうだいね」

 大(おお)魔(ま)女(じょ)たちが集(あつ)まるのは、たいてい夜(よる)でした。昼(ひる)のうちか…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1340文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  2. ももクロ コンサート、大勢のファン予想に近江鉄道苦悩
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. 新潟知事辞任 「中年男性がのぼせたということ」
  5. 宮崎 霧島連山の硫黄山噴火 噴火警戒レベル3に引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]