メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東松島

「鮫ケ浦水曜日郵便局」開局 希望と奇跡を届ける

全国から届いた手紙を手に、灯台ポストの前に立つ遠山昇司さん=宮城県東松島市宮戸で2017年12月6日、本橋敦子撮影

 東日本大震災の津波で被災した宮戸島(宮城県東松島市)の旧鮫ケ浦漁港で6日、「鮫ケ浦水曜日郵便局」が開局した。水曜日の出来事を書いた手紙を郵便局宛てに送ると、別の誰かの水曜日が書かれた手紙が届くアートプロジェクト。企画した東京在住の映画監督、遠山昇司さん(33)は「手紙を通して見知らぬ人同士をつなげ、ささやかな希望と奇跡を届けられたら」と話す。

 プロジェクトは2013年、熊本県の廃校になった小学校で始まり、世界中から届いた約1万通の手紙がやり…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文692文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]